仙台でインビザライン矯正なら【懸田歯科医院】

懸田歯科医院矯正歯科専門サイトロゴ
診療時間
9:00~13:00
14:00~17:00

インビザラインとワイヤー矯正の違い

インビザラインとワイヤー矯正の比較

インビザライン
ワイヤー矯正
歯根吸収のリスク

取り外し可能な為、歯根膜の血流回復ができる

固定されているから歯根膜の吸収が起こる

矯正後の仕上がり

出っ歯になる心配がない

出っ歯になる可能性がある

治療後の3Dシミュレーション

治療後の結果がシュミレーションできる

出来ない

金属アレルギーのリスク

なし

リスクあり

痛みの度合い

痛みを感じにくい

痛みを感じやすい

見た目の良さ

透明で目立たない

金属のワイヤーが目立つ

虫歯・歯周病のリスク

ブラケットやワイヤーが無いので歯が磨きやすい

ブラケットやワイヤーが入るので丁寧に歯を磨く必要がある

快適性

違和感なく快適

違和感が大きい

取り外し

取り外し可能

固定されている

横にスクロールできます→

歯根吸収のリスク


インビザライン

インビザラインは1日に3回マウスピースを外すことができるので、歯根吸収のリスクが比較的低いです。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は取り外しが不可能で歯にかかる圧力が大きいため、歯根吸収が起きやすいです。

矯正後の仕上がり


インビザライン

インビザラインは奥歯から1本ずつ動かすことが可能なため、歯のスペース不足が起こらず出っ歯になる心配がありません。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は入れた瞬間に全部の歯が動き出します。そのため、歯がスペース不足となり外側に張り出してしまい、出っ歯になってしまう可能性があります。

治療の3Dシミュレーション


インビザライン

インビザラインにはシュミレーション機能があるため、歯がどのように動いていき、最終的にどのような歯並びになるのかを事前に確認することが可能です。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正にはシュミレーション機能がないため、治療後の歯並びを事前に想定することができません。

金属アレルギー


インビザライン

インビザラインのマウスピースは体に害のない医療用プラスチックで作られています。そのため、金属アレルギーを心配される方でも安心して治療を受けることができます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、一般的に金属のブラケットとワイヤーを使用します。これらの金属が皮膚や口内に接触することで、金属アレルギーを持っている方には皮膚のかぶれや口内炎などが起こる可能性があります。

痛みの度合い


インビザライン

マウスピース矯正は歯を徐々に動かすことで歯並びを整えるため、痛みが抑えられるというメリットがあります。マウスピースは1~2週間ごとに交換され、こまめに小さな力がかかるため歯の動きに対する負担が軽いです。痛みを感じることが少ないため、治療期間中も快適に過ごすことができます。

ワイヤー矯正

ワイヤーは歯にかかる圧力を調整し、歯の位置を徐々に変えていくため、その過程で周囲の歯茎や粘膜に一時的な圧迫感や痛みが生じます。また、初めてワイヤーを装着した際には、歯に対する新しい刺激による違和感も痛みの原因となります。

見た目の良さ


インビザライン

インビザラインは透明なマウスピースを使用することが特徴です。透明なため、マウスピースを装着していることが他の人に気づかれにくく、社会生活やビジネスの場でも自然な笑顔を保つことができます。特に、見た目を気にされる方や、歯並びの矯正を目立たせたくない方にとって、インビザラインは非常に魅力的な治療法です。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットとワイヤーによって歯並びを徐々に調整していくことが特徴です。歯に装着するブラケットが金属であるため、矯正していることが目立ちやすいです。

ただし近年では、白色の審美ブラケットを選択することで目立ちにくくなってきています。

虫歯・歯周病のリスク


インビザライン

マウスピースが簡単に取り外しできるため、いつも通りの歯磨きができ虫歯や歯周病のリスクを高めることはありません。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットとワイヤーが固定されるため歯磨きが難しくなり、ブラケットやワイヤーの周囲に歯垢や食べかすが溜まりやすくなります。そのため、適切なクリーニングを怠ると虫歯や歯周病のリスクが高まります。

快適性


インビザライン

インビザラインは装着していても違和感がほとんどなく、食事や歯磨きの際は簡単に取り外すことができるため日常生活においても不便さが無く快適です。

ワイヤー矯正

歯の表面に装着するブラケットがゴツゴツしているため、違和感や口内に擦れる不快感、痛みを感じることがあります。

取り外し


インビザライン

インビザラインのマウスピースは取り外し可能で、食事をする際や歯磨きを行う際に簡単に外すことができます。これにより食事をいつも通り楽しむことができ、歯磨きやフロスの際にも邪魔になりません。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、ブラケットとワイヤーを歯に設置するため、患者様ご自身で取り外すことはできません。ブラケットは歯に取り付けられた状態で、治療期間中はずっと装着されています。このため、食事の際にはブラケットが邪魔になることがあり、特定の食べ物の摂取に制限がある場合があります。

当院がインビザラインをおすすめする理由

歯を抜かない


ワイヤー矯正は歯が一気に動き出してしまうため、抜歯をする医院が多いのです。しかし、インビザライン矯正は奥の歯から徐々に歯を動かし、歯を並べるスペースを作ってから歯並びを整えることができるため、抜歯をせずに矯正歯科治療が行えます。

歯根吸収を起こしにくい


インビザライン矯正は、装置を外すことがきます。そのため、歯にかかる圧力から解放する時間を作ることができ、歯根吸収を起こしにくくなります。

世界から信頼されている治療実績


マウスピース矯正にはインビザライン以外にも複数の治療法が存在しますが、その中でもインビザラインは圧倒的な治療実績を誇っています。世界100カ国以上、1500万人以上の患者様が治療を受けている実績のあるマウスピース矯正治療です。豊富な治療データに基づいてマウスピースが製作されており、非常に高い精度を持つため世界中で広く評価を受けています。

iTeroで治療後の歯並びが確認できる


当院では、最新の技術を活用し治療前から治療後の歯並びの予測ができるiTeroを導入しています。このシステムにより、患者様は治療の進捗や結果を視覚的に確認することができます。治療の目標に対してより具体的なイメージが持てるため、安心して治療に臨むことができます。

iTero

デンタルモニタリング導入で通院回数が軽減


専用アプリを使用しながら自宅で口腔内を撮影し送信するだけで、AIによる画像解析とリアルタイムなドクターのフィードバックを受けることができるため、毎月の通院回数を軽減することができます。忙しい方や遠方にお住まいの方にとっては、時間と手間を節約しながら効果的な治療を受けることが可能です。

デンタルモニタリング
日本口腔インプラント学会専門医の育成、認定講習会のお知らせ

日本口腔インプラント学会専門医の育成、認定講習会のお知らせ

American College of Prosthodontists

American College of Prosthodontists

デンタルローン(イオンアシストプラン)のお知らせ

デンタルローン(イオンアシストプラン)のお知らせ

1900年創業懸田歯科医院の歴史

当院は仙台にて1900年に開業

インプラント治療の研究など

専門学校仙台歯科衛生士学院卒業生はこちら

専門学校仙台歯科衛生士学院

卒業生はこちら

2022年歯医者さんがおすすめする歯科医院に当院のドクターが推薦されました。

2022年歯医者さんがおすすめする歯科医院に当院のドクターが推薦されました。

コラーゲン・トリペプチド(CTP) ゼライス株式会社中央研究所

コラーゲン・トリペプチド(CTP)

ゼライス株式会社中央研究所

オッセオインテグレイション・スタディ・クラブ・オブ・ジャパン

オッセオインテグレイション・スタディ・クラブ・オブ・ジャパン

次世代電動歯ブラシ「オーラルB iO」
当院は口内フローラ解析に対応しております。

当院は口内フローラ解析に対応しております。