仙台でインビザライン矯正なら【懸田歯科医院】

懸田歯科医院矯正歯科専門サイトロゴ
診療時間
9:00~13:00
14:00~17:00

不正咬合の種類

過蓋咬合:かみ合わせが深い

過蓋咬合

上顎の歯が下顎よりも前方に過剰に位置している状態を指します。通常、上顎の歯は下顎の歯よりも前方に少し位置するのが正常な咬合ですが、過蓋咬合では上顎の前歯が下顎の前歯をほとんど覆ってしまっている状態です。虫歯などにより奥歯を抜歯し、そのまま放置した場合や下唇を噛む癖がある場合、過蓋咬合になる原因となる可能性があります。この状態では、咬む力が不均等に分散され、歯に過度の圧力がかかるため、歯並びの問題や咬合面の損傷、顎関節の問題を引き起こす可能性があります。

開咬:上下の前歯に隙間

開咬

開咬は、上下の歯を咬み合わせた際に、上下の前歯に隙間ができ接触しない状態を指します。幼少期の指しゃぶりや口呼吸などが原因となり、開咬になる場合があります。この状態になると、前歯で物をかみちぎることができなかったり、噛む力が均等に分散できなかったりと、咀嚼がうまく行われないことがあります。

空隙歯列:すきっ歯

空隙歯列

空隙歯列は、歯と歯の間に隙間がある状態を指します。これは、歯が不正確な位置に生えている、歯が抜けたために隙間ができた、あるいは歯のサイズが小さいために隙間が見られることがあります。空隙歯列は見た目に影響を与える場合があり、また咀嚼機能にも影響を及ぼすことがあります。

上顎前突:出っ歯

上顎前突

上顎前突は、上顎の歯が正常な位置よりも前に突出している状態を指します。口呼吸やゆぶしゃぶり、舌で上の前歯を押してしまっていたことが原因となる場合があります。これにより、下顎との咬み合わせが不適切になり、口を閉じた際に前歯が完全に隠れない場合があります。見た目に問題があり、噛み合わせのバランスも崩れる可能性があります。

下顎前突:受け口・しゃくれ

下顎前突

受け口は、下顎(下の歯)が正常な位置よりも前に突出している状態を指します。下顎前突は上顎の骨の成長が不十分だったり、下顎が過度な成長をしてしまったことが原因となります。この状態では、上顎との咬み合わせが不適切になり、見た目にも問題がある場合があります。さらに、正しい咀嚼が困難になることがあります。原因は、個人によって異なりますが、骨格的要因や歯の位置異常、舌の位置や癖の影響などが考えられます。

叢生(そうせい):八重歯・がちゃ歯

叢生

叢生は、歯が部分的に重なって生えている状態を指します。叢生は、顎の発達が不十分であることが原因です。歯の生えてくるスペースが狭くなり、でこぼこしたはならびになってしまいます。これにより、歯の見た目が乱れるだけでなく、歯磨きや歯間清掃が困難になり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

交叉咬合:歯並びの一部が反対

交叉咬合

交叉咬合は、上下の歯が互い違いになっており、正常なかみ合わせとは逆に交差している状態を指します。通常、上顎の歯が下顎の内側にかみ合っている場合が多いです。交叉咬合は、幼少期の成長段階で形成されることが多いと言われています。上顎の骨や下顎の骨が不適切に発達することによる場合が多いですが、指しゃぶりなどの口の習慣や、歯並びに関する遺伝的要因が原因となることもあります。

日本口腔インプラント学会専門医の育成、認定講習会のお知らせ

日本口腔インプラント学会専門医の育成、認定講習会のお知らせ

American College of Prosthodontists

American College of Prosthodontists

デンタルローン(イオンアシストプラン)のお知らせ

デンタルローン(イオンアシストプラン)のお知らせ

1900年創業懸田歯科医院の歴史

当院は仙台にて1900年に開業

インプラント治療の研究など

専門学校仙台歯科衛生士学院卒業生はこちら

専門学校仙台歯科衛生士学院

卒業生はこちら

2022年歯医者さんがおすすめする歯科医院に当院のドクターが推薦されました。

2022年歯医者さんがおすすめする歯科医院に当院のドクターが推薦されました。

コラーゲン・トリペプチド(CTP) ゼライス株式会社中央研究所

コラーゲン・トリペプチド(CTP)

ゼライス株式会社中央研究所

オッセオインテグレイション・スタディ・クラブ・オブ・ジャパン

オッセオインテグレイション・スタディ・クラブ・オブ・ジャパン

次世代電動歯ブラシ「オーラルB iO」
当院は口内フローラ解析に対応しております。

当院は口内フローラ解析に対応しております。